マダツボミの観察日誌

古典からギャルゲーまで備忘録兼感想帳

【エレノアちゃん】TOB感想【可愛い】

突然ですが、テイルズオブベルセリア面白かったので感想書きます。あまりに面白かったので睡眠時間と会社での信用を失ったり失なわなかったりしました。総プレイ時間は140時間ぐらい。

*このレビューにはエレノアちゃん要素を多分に含みますご注意ください

 

 

まずテイルズと言えば戦闘の面白さが売りということで戦闘面の感想から。今作は歴代テイルズ中個人的トップのグレイセスFの次ぐらいに面白かったです。

大体のシステムはグレイセスFと一緒で、ベルセリアでは技を自由にセットできるところが好感度高かったです。しかし、ベルベット以外のキャラが少し使いにくい感じがあり、そこがちょっと残念でした。一番上の難易度だと最後のほうは敵から一発受けると即死なのでベルベットのブレイクを使い続けるゲームになってしまい単調になってしまうのも評価を下げてしまった要因の一つにあります(ただへたくそだっただけだという説もある)。しかし今回は全体的に秘奥義がカッコよくかつテンポがよくてそこはとても評価高いです(むしろテイルズはそこさえ良ければいい感じまである)。エレノアちゃんの第三秘奥義は打つ度に「信念を込めた旋風!」って一緒に叫んでました。後、歴代テイルズの秘奥義を使ってくれたりしたところは、ファンにはとっても嬉しかったです。

f:id:saijunior2002:20160923153331p:plain

エレノアちゃんがロストフォンドライブ打つ度に興奮していた私

 

そしてキャラクター、これは今作完璧です。というかエレノアちゃん超絶可愛い

以下エレノアちゃんの可愛い点挙げます。

まず自分の力が足りず全てを救いきれなくて泣いちゃうエレノアちゃん可愛いし、そのあとベルベットに負けて必死にスパイになろうとするも全然嘘がつけないエレノアちゃん可愛いし、自分が信じてきたことが信じられなくなった時も本質を見失わず強く生きようとするエレノアちゃん可愛いし、服脱いで傷跡を見せようとするエレノアちゃん可愛いし、ライフィセットを猫可愛がるエレノアちゃん可愛いし、男に言い寄られても全然気づかなくてすげなく断るエレノアちゃん可愛いし、ちょっとミーハーなエレノアちゃん可愛いし、くるくる回るモーションのエレノアちゃん可愛いし、ちょっとカッコいいエレノアちゃん可愛いし、恥ずかしがるエレノアちゃん可愛いし、エレノアちゃん可愛かったです。

f:id:saijunior2002:20160923154438j:plain

可愛い

エレノアちゃんだけでベルセリア100点あげてもいいんですが、ほかのキャラもなかなかにいいキャラしてました。ベルベットはエレノアちゃんとライフィセットが仲良くしているのを見ていちいち嫉妬しててほっこりしたし、ロクロウはエレノアちゃんとの絡みがよくてカプ厨の血を騒がせました。また、ちょっと抜けてるマギルゥもよかったですし、死神の呪いという酷い呪いを受けながらもそれもすべて自分だと受け入れて生きるアイゼンもかっこよかったです。でもやっぱりエレノアちゃんが可愛くてエレノアちゃんがしゃべる度に幸せになれる最高のゲームでした。もしベルセリアにスクショを撮る機能があったらエレノアちゃんのスクショでいっぱいになっていたと思いますが、バンナムの陰謀でスクショをとることができず、またスマホで直接画面を撮ったら気持ち悪い顔した私が映り込んだのでやめました。バンナム許せん!

 

最後にシナリオですが、これも結構よかったです。とにかくベルベットがいい意味でヒールなんですよね。ヴェスペリアのユーリ君もヒールだったんだけど、あれはあくまで義賊なんですよね、道徳は犯しているんだけどあくまで人のためっていうのが下地にある。今作のベルベットは自分の目的のためなら、多くの人を犠牲にするし、街を焼くし、他人を殺します字面だけ見ると相当ヤバイやつなんですが、これが「個より全」を理とするアルトリウス達と対比するとすごく魅力的に見えるんですよね。てか、アルトリウス君の理想とした世界って完全に”ハーモニー”の世界ですよね。社会性、合理性を突き詰めると人の意志は不要となるという点で。

www.amazon.co.jp

極度に社会性を突き詰めた後の世界を描いた作品。これもおすすめです。

どんなに絶望しても、自分がやってきたことがすべて無駄だったとしても、それでも折れない、例え世の中全員におかしいといわれても自分がやりたいと思ったことをして、生きて死ぬ。そんな風に生きられるベルベット達はうらやましいなと思いました。そして全員好き勝手やってる中で苦労しながらも自分の道を見つけていくエレノアちゃんは可愛いので必見です!

 

テイルズオブベルセリアは戦闘キャラシナリオともに歴代テイルズでも上位を張れる面白さだったと思います。そして何よりエレノアちゃんが可愛いので未プレイの方は是非やってください。

ギャルゲー(エロゲ)の衰退とそれでもギャルゲー(エロゲ)をやる理由

ギャルゲー(エロゲ)は衰退した。

そういう文言を最近そこらかしこで見ます。確かに昔のFate,クラナド,Air,To heartのようなキラータイトルを、最近あまり耳にしません。最近だとグリザイアが流行ったぐらい?

さて、近年オタクがギャルゲーをやらなくなった理由はいくつか考えられますが、やっぱり一番大きな原因は時間かなって思います。皆がスマホを持つ時代になり、2010年のパズル&ドラゴンズを皮切りに様々なソーシャルゲームが流行しました。

このソーシャルゲームでは定期的にイベントというものが開催され、大量の時間(と金)をそこに消費することになります。例えば、某アイドル音楽ゲームであればランキング上位の報酬を得るために1回2分程度の曲を何百回もやらなくてはいけなかったり、上記パズドラではモンスターの成長のために同じダンジョン(1週早くて5分程度)を何十周も回らなくてはいけなかったりします。そしてこのソーシャルゲームというものには終わりがなく、飽きない限り永遠とこれを続けることになります(課金などしてるとさらにやめにくい)。

そんな中、プレイに長いと100時間もかかるギャルゲーをやろうという人が出にくくなるのは分かります。同じ理由でコンシューマーゲームもあんま流行らなくなったんだと思います。それだったら2時間程度で軽く読めて、価格も安価なライトノベルや漫画を読もうという話にもなるのもうなずけます。

 

しかし、ギャルゲーの魅力はラノベや漫画などでは代替できません。

漫画やラノベにも可愛い女の子が出てきて主人公とよろしくするものが多数存在します。しかし、漫画やラノベといった媒体では、その構造から結末は必ず1つです。その結果ラブコメものでは主人公がどのヒロインとくっつくかで必ず戦争が起こります。だからこその近年のラブコメものでは、ハーレムエンドであるとか誰も選ばないエンドみたいなのが多いのだと思います。

ですが!ギャルゲーでは!なんと!登場しているメインキャラクターはすべて攻略可能!つまり小野寺ちゃん推しだった人も!マリー推しだった人も!すべてが救われるのです!なんて素晴らしい平和な世界!私がギャルゲーをやる理由はここにあります!

しかもしかも、大体漫画やラノベのラブコメでは付き合ったらそこで幸せなキスをして終了みたいな展開が多いですが、ギャルゲーは違います。ギャルゲーはそこからイチャラブする展開が続きます。それを机をたたきながらニヤニヤして見るとすごく幸せな気持ちになれるので最高です。

さらにさらに、エロゲならそこからヒロインのあられもない姿を鑑賞することが可能です。ただエロが欲しいならエロ同人でも見てろよカスっていうツッコミを入れる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。エロゲでは抜きゲーは置いといて、キャラクターに過去があります、主人公との積み重ねてきた思い出があります、するとどうでしょう、それ単体であれば特になにも感じないHCGもとってもよいものになるんですよね。これは少年誌でヒロインがパンチラしたりするとやたらエロい現象と似たものだと思ってます。人はエロにストーリー性を求めているのだ!

そしてこれらをしっかり毎回丁寧に描いてくれるゆずソフトが神だということは言うまでもありません。

というわけで、ソシャゲに追われて、仕事が忙しくて、彼女とのデートで、みなさん忙しいかもしれません、が!

みなさん是非ギャルゲーをやりましょう!!

ギャルゲーやってない人がこの記事を読むことはないだろうけど・・・

『彼女が恋した繁華街』感想(ネタバレしかない)[8/24追記]

ライフアリトルさん制作の『彼女が恋した繁華街』クリアしましたので感想をば書いていこうと思います。ネタバレの塊みたいな感想なんでご注意!

 

『彼恋』は話の根底を貫く、受け継がれる想いとそれを受け継ぐ義務、だからこそ未来に生きよ、幸福になれ!というメッセージ、それがよく伝わってくる作品でした。

話は蓮太郎の過去回想から始まります。大正ロマンあふれる舞台設定からの蓮太郎とお藤が仲を深めていく様子は、もどかしい感じがよく伝わってきて、ニマニマできました。しかし幸せな日々は長く続かず、お藤に婚約者が現れます。お藤は祖先から受け継がれる想いを捨てられなかった、だから蓮太郎とは別れることとなりました。受け継ぐことは義務なのだから。そして蓮太郎は全てを捨て、彼女が想像した世界、織衣舞街に逃げ込むことになります。

このときの蓮太郎を責めることはできないでしょう。憎むべき婚約者誉は、自分よりも悪い境遇で、しかもお藤のことを幸せにしてくれると蓮太郎に思わせました。行き場のない怒りは虚無へと変わり、そんな中、一生恋人の分身と過ごせる世界(織衣舞街)への片道切符があったら乗ってしまうのも無理ないでしょう。だが彼は間違っている、お藤は蓮太郎に未来に生きて幸せになってほしいと願ったでしょう、つまり想いを受け継ぐ義務を彼は放棄したということになります。だからこそ罪の意識を持ってしまった。愛しくてしかたなかったであろうお藤の分身、百合花に手をださなかったことからもそれは明らかです。

織衣舞街での変化のない生活に変化がおきます。春輝達やかつてお藤と夢想したリコが彼の生活に現れます。誉によく似た春輝とお藤の分身の百合花や娘のリコが仲良くなっていく様子を見るのはさぞむかついたでしょう、自分が蓮太郎なら発狂してもおかしくないです。さらに時間の概念を持った杏が現れ、蓮太郎を現実に引き戻していきます。

ここで本作品唯一の選択肢が出現します。すなわち、お藤の想いを受け継ぐか否かです。ここで想いを受け継がないとBADエンド(誰恋百合花エンド)へとなります。受け継ぐことは義務なのだ、義務から逃げ続けてもいつかは追いつかれそして壊れます。仏教では、すべての存在は相互の関係性によってのみ現象しているという考え方があるそうです。最後、蓮太郎が消えてしまったのは、想いを引き継がなかったために関係性がすべて途切れ存在できなくなってしまったという風にも解釈できます。

さて想いを受け継いだルートを選んだとき、すべての問題が解決されていきます。その中で蓮太郎が身を引いてまで、お藤が受け継いだ想いを全く理解せず怠惰に生きる春輝に対し、蓮太郎は今作で私が一番好きな台詞を言います。

「夢がないのは罪だ。お前は未来を見ないといけない」

夢がないのは罪なのです。何故なら子に夢を見させるために、祖先は、お藤は、想いをつないできたのだから。さらにこれは蓮太郎自分自身にも言っているのでしょう。俺は罪を犯した、だからお前たちを現実に帰し想いの連鎖を途切れさせないようにすることで償おうと。

 現実への帰還の際、春輝は蓮太郎に対し、一緒に帰らなければ駄目だと言います。このシーン、私は春輝の成長が感じられて嬉しかったです。恐らく幸福であろうオリーブ街でのリコと百合花との3人での生活よりも、現実で未来で生きることのほうが蓮太郎にとってはよい、もしくはしなければならないと思うのは、来たばかりの春輝では考えられなかったでしょう。

現実に帰還し、お藤とも再開し約束を果たします。そして蓮太郎は杏という未来を選び、幸福な人生を送っていく。素晴らしい、誰も不幸になることはないハッピーエンドだと思います。

 

現代日本は人と人とのつながり特に縦のつながりは希薄になっているように感じます。年寄りは老害とし、また親や先生への敬意は薄れています。さて、それも時代の流れ、仕方のないことでしょう。しかし、私たちの過去には彼ら彼女らの想いがあり、さらに過去に連綿と続いてきた想いがあります。今一度、これらの想いの上で今生きているということを認識しなおし、そして幸せに生きることについて考え直そう、そんなことを思える作品でした。

 

最後にいくつか彼恋に対してのツッコミまたは考察

〇蓮の作った懐中電灯

作中、蓮太郎が誉のために作った懐中電灯、関東大震災で瓦礫の下にいた婚約者を探し出すことができなかった後悔から、次回同じようなことがあったときにお藤を必ず探し出せるように作ってもらったとのことでした。さらに、お藤と誉は結婚したあと神戸に行くということで、私は地震、神戸、あっ・・・ってなったんだけど特に作中では述べられている様子はありませんでした。残念

〇春輝に惚れる百合花

春輝は誉に似ていて、百合花はお藤の分身であるという設定でした。つまり百合花が春輝を選ぶということはそういうことで、ちょっとかなり悲しくなりますね。

〇藍の能力

作中、藍の能力は現実世界と織衣舞街をつなぐ能力という風に述べられていました。しかし、これは能力が織衣舞街という想像の世界に来た事によって夢が変化したものであるという説明と矛盾するんじゃないでしょうか。卵が先か鶏が先か的な問題ですが。まあ現実世界でも百合の花咲かせられるくらいだから、その辺はどうでもいいのかもしれないです。

〇蓮の夢

蓮太郎の夢は電気技術士になることでした。しかし織衣舞街に来たときに夢が能力にかわるという現象のせいでかなってしまい、お藤とのもう一つの夢、喫茶店を2人で営業するという夢を追うことになります。しかし現実に帰ったときに、彼は電化製品を自由に作るという能力はないはずだし、お藤との縛りはないはずです。ただ物語の終わり方としては胡蝶蘭を現実世界でも開いてという終わり方は綺麗ですのでなんともいえませんが。

 〇杏の病気

彼恋グッドエンドでは元気な姿で働いていることが確認できた杏ちゃん。はてずっと病院で寝たきりでまともに動くこともできなかった彼女が3年で、こんなにも元気であるのは違和感があります(BADエンドでは衰弱死している)。というわけで二つほど可能性を考えてみました。

考えられる可能性1:実は手術すれば治る病気であったが、勇気がでずにそのままにしていた。しかし、織衣舞街での生活を通して強い生への渇望を感じ、手術を行うことを決心し成功した説。

普通にありえそうな話ですが、面白くないので私的には次の説を推したいです。

考えられる可能性2:時間がとまったような病院の中では、杏と関係性を持つのは春輝だけだった。それは感想でも述べた仏教的な考え方だと消える一歩手前である。そんなとき、彼女は織衣舞街へ行き、藍や百合花、リコ、そして蓮太郎との強いつながりを得たことによって存在が強固なものになった。それゆえに治らなかった病気が治るようになった説。

こっちのほうが本作品にあってて良いかなと思ってます。他に有力な説があれば是非教えてください!

 

長くなりましたが、こんな感じで締めたいと思います。思わぬところで良い作品に出会えて私はほくほくです。ありがとうございました。

『誰かが恋した繁華街』感想

先日のコミケで購入したライフアリトルさん制作の『誰かが恋した繁華街』フルコンプしたので、感想や考察などだらだら綴っていきます。

シナリオは結構ボリュームがあり(1週間ぐらいかかった)、フルボイスでキャラも可愛いと、同人作品とは思えないぐらいの出来で驚きました。

大体のシナリオはこんな感じ。

社会不適合者である春輝君は、ある日容姿端麗完璧幼馴染(だけど男のセンスだけは絶望)の藍ちゃんとオリーブ街という異世界に迷い込んでしまう。住んでいた世界とよく似ているがどこか違うオリーブ街、そこで立ち寄った喫茶店「胡蝶蘭」には、病弱な双子の姉である杏と瓜二つな百合花という女の子がいて、百合花にべた惚れのサブマスター蓮さんに嫌味を言われつつも、なんだかんだでそこで一緒に働きながら住むことになる。オリーブ街は誰もが優しく暖かく、時間という概念がないという設定であり、そんな夢のような世界で、クソダメ人間の春輝君は、近所の幼女リコちゃんをたぶらかしたりして、現実からの逃避を続ける。しかし、そんなうまい話が長く続くわけもなく、世界の破壊者として病弱お姉ちゃん杏が降臨し、オリーブ街は衰退していく。

「貴様らこんなところで長々と何をしている、鼠のように逃げおおせるか、この場で死ぬか、どちらか選べぃ!」(バルバトス風に)

さあどうする春輝、世界の命運はお前に託された!そんな話でした。(多分に誇張表現を含みます)

 

 

 ―――――以下たぶんにネタバレ含みます。

個別√感想

藍ルート

 左から順番にやっていこうと思い、藍ルートからプレイ。うーん藍ちゃんはとっても可愛かったんだけど(好きな人に自分の人形をあげちゃうクソ重いとこも好き)、主人公の春輝くんがゴミカスすぎて、いまいち感情移入できなかったです。どのルートでもこれは言えるんだけど、春輝は基本受け身で自分からは動かず、問題が解決するのをじっと待ち、そしてうまくいかないと癇癪を起こします。問題の答えは、ほとんど作者の代弁者である神サクヤが述べており、藍に好きだと言われてはじめて藍が好きだと気づきます。それじゃあ本当にそれお前の想いなのか?って疑いたくもなります。もしいろいろな人とのふれあいから成長したと主張するならば、自分からその気持ちに気づいて春輝から告白ぐらいの積極性を見せてほしかったです。とボロクソ書きましたが、そんな駄目駄目な春輝くんでも愛してしまう、そこには明確な理由はない(一応優しいとかいう話だった)が心が愛してしまう、そんな一途な藍ちゃんがいじらしく可愛らしいシナリオでした。

 

百合花ルート

 次に恐らくメインヒロインである百合花ルートをプレイ。日常シーンは小気味よく進み、だからこそ大魔神杏が現れた後の一人ずつ消えていくシーンは胸に迫るものがありました。そしてラスト―ここからどう巻き返すのかってところで何も巻き返さず終わりを迎えます。to be continued・・・("^ω^)ってなんじゃそりゃああああってなりました。たぶん手元に続編なかったらキレて画面殴り割ってます。

まあ、夢のはかなさをただただ描いたルート、ハッピーエンド至上主義である私的には好みではない終わりでしたが、誰も救われないその終わりは、この作品とよく合致しているなとも感じました。

 

リコルート

 最後にリコルートをプレイ。個人的に一番好きなルートでした。可愛いですねリコ。声もすごく合ってると思います。

街を走り回るNPCであったリコが春輝と出会い、人となり、そして自分の存在について悩む。私も自己の存在について悩んだときがありました、いや今でもずっと考えていますが。そのとき他者を自分の存在原因として考えるとうまくいかなかったのが、強く印象に残っています。当たり前のことですが、現実では人はいずれ別れていくものですから。さて、それと同じように作中で自己同一性に悩み、杏や春輝といった他者に自己原因を求めるリコに対して、いずれは現実に戻らなければいけないことを自覚した春輝はコーヒーをいれることに自己原因を求めたらいいんじゃないのといったアドバイスをします。これに対しいったんは受け入れるリコでしたがうまくいかず、最後はやはり春輝に愛されることによって自己の存在を認めます。

「顔も……首も……背中も……胸も……お腹も」

「ちゃんとさわって、ちゃんと」

なぜリコは自分自身に自己を見つけられず杏や春輝に自己原因を求めたかといえば、それは杏がオリーブ街の創造主であり、また春輝がリコを胡蝶蘭に連れてきて人にしたからだと考えられます。終盤春輝がいなくなることに対して「リコは何者でもない透明なものなっちゃう気がします」という風に述べています。ここからもリコは直感的にそのことが分かっていたのだと推測できます。

そして最後、リコに帰らないでと泣きつかれた春輝は自分が本当にしたい、するべきことに気づきます。

『ただたしかに記録されたこれらのけしきは

記録されたそのとほりのこのけしきで

それが虚無ならば虚無自身がこのとほりで

ある程度まではみんなに共通いたします』 『春と修羅

これは私の好きな詩の一節ですが、春輝が気づいたのはまさにこの通りだったのではないでしょうか?

今見ているこの景色こそが私のいる世界であるのだから、それが例え夢であっても俺はリコを選ぶ。そう選んだ春輝はかっこよかったです。

エピローグでリコと春輝は幸福が飛び込んでくる胡蝶蘭をでて無垢な愛であるカーネーションを立ち上げ、そこで永遠に変わらない日々を過ごします。

ただこの永遠が長くは続かないであろうことが悲しい。(遠くない未来婆ちゃんが死ぬ)しかし、藍の髪飾りという因果が切れた春輝なら世界の終焉とともにリコと消える事ができるかもしれません。もしそうであれば良いなあと思います。

と、ここまでの流れが完璧で素晴らしかったです。

 

ただ正直どうみても小学生であるリコに大学生の春輝がキスしたり体触ったりするのは犯罪だと思います(織衣舞街に法律はないのよby藍)

 

総評

リコルートがずば抜けてよかったです。ただこれは私自身の感想なのでプレイする人によって180度変わりそうです。

誰恋は3人のヒロインがそれぞれ藍が現実代表、リコが夢代表、百合花が現実と夢の合いのことなっています。まさに百合花ルートは胡蝶の夢なのか。ヒロイン選択画面の藍(左)、百合花(中央)、リコ(右)も暗示的です。だからこそ藍とリコを選んだ時は幸せになるけど百合花を選ぶと幸せとは程遠い形になるのではなないのでしょうか?夢と現実選べるのは片方だけなのかもしれません。

続編の彼恋でいろいろ明かされるということで期待しつつ、プレイしていきたいと思います。

 

蓮さんの謎

 藍ルートやったまでは、ちょっと感じ悪いやつだなぐらいの印象でしたが、百合花やリコルートでの蓮さんは相当にイヤな奴です。(病弱である杏さんに対しての発言や、リコがコーヒーをいれるくだりでの発言等)さて、ここでオリーブ街というのは病弱であるお姉ちゃんとなんかよくわかんないけど最後ぽっとでてきたおばあちゃんの想像の世界であることは作中で明記されています。オリーブ街は誰もが優しい世界であるはずから、蓮さんの存在は矛盾します。

世界の創造主である杏が現れた時の藍ルートと百合花・リコルートでの蓮さんの反応が違うのも気になります。藍ルートでは杏が胡蝶蘭で働くのを蓮さんは特段の反対もなく黙認しています。一方、百合花・リコルートでは杏が胡蝶蘭で働くことに対する蓮さんの態度は劇的です。断固拒否し、さっさと元の世界へと帰るように促します。これは藍ルートでは、春輝が藍という現実と向き合っており、すぐに現実に帰還することを知っていたから安心していて、一方藍・リコルートではそれぞれのヒロイン(虚構)に心を奪われており、このまま世界が壊れるまでここにいるんじゃないかという危惧があったからじゃないでしょうか。ここから考えられるのは、蓮さんはオリーブ街の真相(杏や婆の想像の世界である)に気づいているということです。リコルートで杏に対して「百合花に似たお前だから困るんだ」的なこともいっているのもこの説の裏付けになると思います。さらに、序盤で百合花は、「蓮さんは春輝と同じように雇った」といっています。存在がそこにあたりまえのようにあり、そこに理由なんてないはずのオリーブ街にて、人を雇うといったような変化は起きないはずです。ここから考察するに、蓮さんも何かの想いに引き寄せられて現実世界からやってきた人間なのではないかとも考えられます。まあこの辺は続編である彼女が恋した繁華街で語られるのかな。