読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マダツボミの観察日誌

古典からギャルゲーまで備忘録兼感想帳

ギャルゲー(エロゲ)の衰退とそれでもギャルゲー(エロゲ)をやる理由

ギャルゲー(エロゲ)は衰退した。

そういう文言を最近そこらかしこで見ます。確かに昔のFate,クラナド,Air,To heartのようなキラータイトルを、最近あまり耳にしません。最近だとグリザイアが流行ったぐらい?

さて、近年オタクがギャルゲーをやらなくなった理由はいくつか考えられますが、やっぱり一番大きな原因は時間かなって思います。皆がスマホを持つ時代になり、2010年のパズル&ドラゴンズを皮切りに様々なソーシャルゲームが流行しました。

このソーシャルゲームでは定期的にイベントというものが開催され、大量の時間(と金)をそこに消費することになります。例えば、某アイドル音楽ゲームであればランキング上位の報酬を得るために1回2分程度の曲を何百回もやらなくてはいけなかったり、上記パズドラではモンスターの成長のために同じダンジョン(1週早くて5分程度)を何十周も回らなくてはいけなかったりします。そしてこのソーシャルゲームというものには終わりがなく、飽きない限り永遠とこれを続けることになります(課金などしてるとさらにやめにくい)。

そんな中、プレイに長いと100時間もかかるギャルゲーをやろうという人が出にくくなるのは分かります。同じ理由でコンシューマーゲームもあんま流行らなくなったんだと思います。それだったら2時間程度で軽く読めて、価格も安価なライトノベルや漫画を読もうという話にもなるのもうなずけます。

 

しかし、ギャルゲーの魅力はラノベや漫画などでは代替できません。

漫画やラノベにも可愛い女の子が出てきて主人公とよろしくするものが多数存在します。しかし、漫画やラノベといった媒体では、その構造から結末は必ず1つです。その結果ラブコメものでは主人公がどのヒロインとくっつくかで必ず戦争が起こります。だからこその近年のラブコメものでは、ハーレムエンドであるとか誰も選ばないエンドみたいなのが多いのだと思います。

ですが!ギャルゲーでは!なんと!登場しているメインキャラクターはすべて攻略可能!つまり小野寺ちゃん推しだった人も!マリー推しだった人も!すべてが救われるのです!なんて素晴らしい平和な世界!私がギャルゲーをやる理由はここにあります!

しかもしかも、大体漫画やラノベのラブコメでは付き合ったらそこで幸せなキスをして終了みたいな展開が多いですが、ギャルゲーは違います。ギャルゲーはそこからイチャラブする展開が続きます。それを机をたたきながらニヤニヤして見るとすごく幸せな気持ちになれるので最高です。

さらにさらに、エロゲならそこからヒロインのあられもない姿を鑑賞することが可能です。ただエロが欲しいならエロ同人でも見てろよカスっていうツッコミを入れる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。エロゲでは抜きゲーは置いといて、キャラクターに過去があります、主人公との積み重ねてきた思い出があります、するとどうでしょう、それ単体であれば特になにも感じないHCGもとってもよいものになるんですよね。これは少年誌でヒロインがパンチラしたりするとやたらエロい現象と似たものだと思ってます。人はエロにストーリー性を求めているのだ!

そしてこれらをしっかり毎回丁寧に描いてくれるゆずソフトが神だということは言うまでもありません。

というわけで、ソシャゲに追われて、仕事が忙しくて、彼女とのデートで、みなさん忙しいかもしれません、が!

みなさん是非ギャルゲーをやりましょう!!

ギャルゲーやってない人がこの記事を読むことはないだろうけど・・・