マダツボミの観察日誌

古典からギャルゲーまで備忘録兼感想帳

【カッコよく生きるとは】金色ラブリッチェ感想

 今回は金色ラブリッチェをオールクリアしたので感想残します。

f:id:saijunior2002:20180630140512p:plain

 ヒロイン全員金髪というキャッチーな作品であり、萌えゲーアワード2017の準大賞作品ですね。最近は流石に手当たり次第やっていくという時間がなかなかないので、こういう話題になった作品ばっかりプレイしており、新規開拓ができていなくてちょっと残念ですね。

 玲奈→エル→シルヴィ→茜→リアと攻略しまして、玲奈、エルルート終わったあたりはクソゲーなのでは?と思っていたのですが、シルヴィルート終わってみて、シルヴィ可愛い最高!となり、リアルートで世間の評価に納得しました。

 というわけで個別に感想載せときます(ネタバレ特に気にしてないので注意)。

玲奈ルート

 とてもスタンダードなシナリオでしたね。とても母性に溢れる玲奈が可愛かったです。何事もバランスが大事というのがキーワードでしたが、主人公がとにかくカッコ悪いので玲奈と釣り合ってなさそうなのがなんとも。全てのルート通して玲奈ルートの主人公が一番カッコ悪かったですね。玲奈の母性を表現するためには仕方なかった部分もありますが、それにしても酷い。あと、き合うきっかけが脱法ドラッグっていうのは純愛ゲーとしてどうなんですかね、サガプラさん(なおあのシーンはめっちゃエロかった)。

 また、過去との決別のシーンで、投良、お前それで本当にいいのかとは思いましたね。メンタルの問題でピッチャーには向いていないことは確かなんでしょうが、お前そこは「確かに今はそうだがそれでも俺は投手をやる。二刀流としてメジャーであっと言わせてやる。」ぐらいは言ってほしかったです。何か小さく収まってしまったそんな印象を受けます。いや十分すごいんですけど、現実世界にもっとすごいのいるのがな

 玲奈の家族の話はちょろっと出てきてそのあと出てきませんでしたね。全体的に盛り上がりにかけていたので、その辺に触れてもよかったかなと。まあシナリオ構成上必要の少ない金髪キャラなのでこんなものでよかったのかも?

エルルート

 エルルートはきっとシナリオライターが書きたいことは書ききったと思うんですけど、これもやっぱり盛り上がりにかけてたのが残念です。変にお涙頂戴されてもですが、盛り上がりそうな話を小出しにして特にそのあと何も触れない、みたいなのが多かった印象です。記者の話とか家柄の話とか、話を間延びさせるだけなら書くなよ!と思ってしまいます。特に騎士はやめて自分のやりたいことに打ち込むってそれシルヴィが許せばそれで済む問題なのかとかもやもやしてました。後このルートも主人公が完全に恵まれた環境を甘受して努力を放棄してるのが印象悪かったですね。

シルヴィルート

 シルヴィルートはとにかくシルヴィが可愛かったので最高でした。シルヴィ可愛いよね、序盤中盤終盤隙が無いよ。お姫様+天然+知的無垢=最高の方程式が成り立ちますので、シルヴィは最高に可愛いと証明できます。そもそも知的無垢って完全に矛盾した存在ですよね、創作世界にしか存在しない、だからこそ可愛いですね、好き。最近割と現実に寄せたキャラも多かったりしますが、やっぱりこういうコテコテのヒロインキャラが可愛いですね、本当に。事故でファーストキスしてしまった後、口を離して主人公だと認識してもう一度キスしちゃうところなんて可愛すぎて机ぶっ壊しそうになりましたし、いつも笑顔なのに主人公の妹に嫉妬しちゃうのも最高にニヤニヤしました。ギャルゲーやってると机めっちゃたたくこと多いんですけど、これ自分だけですかね?

 シルヴィと主人公は全然立場があってないですし、これはエルルートでもそうだったんですが、このルートでは主人公は立場の違いをなんとかするために努力するのがよかったです。

 今がゴールデンタイム(モテキ)なのは間違いないです(このゲーム、リアルート以外3Pがあるのもそれを示してるのでは)が、それに甘んじてじゃあ見ていてつまらない。あれですよ、凄い可愛いくて器量の良い娘がヤンキーと付き合ってるの傍目から見るとなんだかなぁって気持ちになるじゃないですか、そんな感じですよ。それがなくて本当によかった。

 これ偏見なので気分を害されるかもしれませんが、ギャルゲーをプレイするような人って、このゲームで言う金色じゃない人が多いんじゃないかと思います。少なくとも私はそうですので、自分みたいなのをシナリオの中で見ていたくないんですね。やっぱり自分に足りないものを持っている人を応援したいんですよ。だからすごい可愛くて性格も良くて位も高い女の子とつきあうなら、それに釣り合うような能力の主人公であってほしいし、そうでなければ釣り合うような志を持ってほしいと思ってしまう。

 だから最後のシーンは本当によかった。シルヴィが好きだと気づいて、あまりの差にくじけそうになりながらも、自分のできるところから一歩一歩進んでいって、一先ず対等にダンスを踊れるようになる。これは文句なくカッコいいですよ、この後の彼等の未来にも希望が持てる終わり方でしたね。

 リアルートの後に追加されるシーンでは、しっかり外交官になって忙しく働く姿が確認できますね。めでたしめでたし。

 

 茜ルート

 金髪ラブリッチェしないルート。茜ちゃん普通に可愛かったんですけど、シルヴィルートの前にやればよかったと切に思います。まさかリアルート攻略のために茜ルートもやらなきゃいけないとは思わなかったのだ。笑顔で無理して応援するシルヴィを見るのがとてもきつかったです。

 話的には主人公君もイマを頑張って生きてこうと努力していく姿はよかったですね。それ以外は普通に普通でしたね、他の金髪さんルートと違って他のキャラがあんまりでてこないのが特徴的でしたね。ライターさんも違うのかな?

 茜ルートの一番の特徴は茜ちゃん『を』金色にするということですかね。自分が金色になるわけではない。そもそも主人公は誰かをフォローするのに特化した人間である(メンタルくそ雑魚の投良君を甲子園級ピッチャーにしてることからもわかる)から、これは一番無理のないルートなのかもしれない。カミにゃんもそんなこといってましたね。

 蛇足がほぼなく普通に普通なルートでよかったですね。サブヒロインルートとしては完成してるんじゃないでしょうか。

 リアルート

 設定がずるい。サガプラまたヒロイン殺してると思いましたね。いやはつゆきと金色しかやってないので他のゲーム知りませんけど。

 改めて感想書こうと思うと難しいですね。ある意味シンプルで王道なルートだったので全く他の道が考えられないので、シルヴィルートの時点で大体おわりまでの展開が見えてしまったのが問題でしたね。前提条件が詰んでるので、もうイマ(ゴールデンタイム)を全力で楽しむしか方法がないという。

 ただ最期までカッコつけた主人公はやっぱりカッコよかったし、最期まで一緒に過ごせたリアは幸せだったでしょう。文句のつけようがないです。全部わかっててもあんなん泣きます、卑怯ですよ。

 これ多分こういうゲームに慣れてなければもっともっと泣けたかと思います。恐らく最近ギャルゲー始めたぐらいの人はめっちゃ評価高いんじゃないでしょうか。

総括

 全てのシナリオを通して人として生を受けたからには金色(=カッコよく、自分の思うまま)に生きなければいけないという主張のシナリオだったのかと思います。リアはそのトリガーとして必要な存在だったのでしょう。シルヴィをはじめとした超人達と付き合うためには必死になるしかない。一般人は他国のお姫様が学校にいたとして憧れは抱いたとしても付き合えるとか思わないでしょう。理系的に言うと活性化エネルギーが高いとも言えます(お前そのたとえ必要だったか?)。その障壁を超えるためには、強い説得力でイマしかないというしかない、イマがゴールデンタイムなのだと言わなければいけない。必死になるためには文字通り身近に死を感じなければいけなかった、それがリアであったというわけですね。

 彼等の必死な姿を見て私ももっと頑張らなければ、カッコつけるため努力しなければと私も思わされましたね。勿論現実にシルヴィはいませんが、こういう風に思わせてくれるのもギャルゲーのいいところだと思います。多分本で読んだってこんな風には思わないですけど、可愛い女の子に言われたら説得力が違います

f:id:saijunior2002:20180630121238p:plain

 物語の根底は分かりました。キャラは可愛いし、掛け合いは面白い、音楽もよかった、特にOP・EDは勢いがあって耳に残るいい曲だったし、設定も悪くない、コンセプトの『金色』を根底としてシナリオに統一感があって読んでていて違和感がなかったでも面白かったか?と聞かれればうーんと言わざるを得ない。これでリアルートがなければいいキャラゲーだなという評価だったのだが、必要なルートであったとはいえリアルートが重かったから純粋なキャラゲーともいいにくし、シナリオゲーとしては流石に使い古されたネタすぎて瞬間最大風速が弱い。総括して少し惜しい作品だなという印象ですね。

 ただ今までの話全部覆すようですけど、全てをぶっ飛ばすぐらいシルヴィが可愛かったので個人的には大満足です。どんなゲームでも1キャラめちゃくちゃ好きなキャラができれば大体それでよいというところはあります。

 

 というわけで、今回はこの辺で。サガプラは今後に期待ですかね。長々と読んでいただきありがとうございました。では~