マダツボミの観察日誌

ギャルゲーマーによる、ギャルゲーやラノベの感想、備忘録とか

【良質なエンタメ作品】『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』感想

 突然ですが、私はラブコメが好きです。さらに言えば、私は数あるヒロイン属性の中で一番好きなのが『幼馴染』です。でも大抵幼馴染が負けるので、負けないルートもあるギャルゲーを好んでやっています。そんな私が今回読んだ作品は、

 『幼なじみが絶対に負けないラブコメです。

 幼馴染が絶対負けないってタイトル凄いですね。これだけで読もうって気になりました。

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

 

 まさかヒロイン全員幼馴染とは、恐れいったぜ・・・。ここから2巻も順調に幼馴染が増えていって幼馴染パンデミックが起きていますが、3巻以降も増えていくんでしょうか、恐ろしい作品に出会っちまったな。

 純正幼馴染はクロちゃんなのでこの子がメインヒロインぽいですけど、1巻終了時点で雲行き怪しくなりましたね。なんだこの展開、全員が全員から回って誰もうまくいってないの面白すぎです。こんなラブコメ初めて読みました。なんていうか、予想外です。

 

 さて、お話の感想行きましょう。

 まずこの作品は、疾走感が凄いですね。作者様があとがきで書かれている通り、『過剰な青春』というのが遺憾なく表現されていると思います。クラス内で可愛い幼馴染と仲良くしていると、クラスの男子達によってたかって袋にされそうになるとか、主人公の親友枠のキャラがクズなんだけど開き直っていて逆に憎めないところとか、ヒロインの情緒が不安定な所とか、主人公が馬鹿ですぐ土下座で解決しようとするところとか、全部物語としては過剰な表現なんだけど、理屈じゃなくて感情で動く学生らしさみたいなのが感じられて、私は好きでした。多分この作風を全く受け入れられない人っていうのも一定数いるんじゃないかなと思います。とにかく一言で言えば「馬鹿な物語」ですね。物語の雰囲気は『バカテス』に近いと思います。一昔前のギャルゲーの共通パートとかもこんな感じだったかな?。

 またこのラブコメただのラブコメじゃないんですね。普通のラブコメって、ある空間で主人公とヒロイン達が出会って、色んな障害を乗り越えて徐々に距離を縮めていって、最後に一人を選んでくっつく(ハーレムエンドもなくはない)といった話になると思います。ただ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』は一味も二味も違うんですよね。最初から幼馴染である黒羽は主人公に振られているから、最初からゼロ距離です。本来だったらここで話が終わってしまうんですが、本作はここから物語がはじまります。一度振られただけじゃ、終わらない。振られた痛みを、初恋が成就しなかった辛さを振った相手にも分からせて、そこからリスタートだと。

 普通のラブコメだったら主人公が鈍感で、なんでヒロインの好意に気づかないんだよ・・・って思うときもありますが、この作品については100%主人公に共感できましたね。いやこれは勘違いするし、躊躇うでしょっていう。だから、主人公とクロとシロの3人が空回ってる様が真に迫って、非常に面白いんです。本当にこいつらうまくいかねーなって呟きながら笑ってました。最後の『ヤダ』は大爆笑でしたね、普通ここ読んでて落ち込むシーンですよ?まさにこの作品はラブ”コメディ”ですね。

 『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』は、一味違うラブコメと、ジェットコースターに乗ってるような怒涛の会話展開で楽しめる、とても良いエンタメ作品でした。このラノ新作2位の実力は伊達じゃないですね。最近色々読みましたけど、やっぱり電撃文庫ラノベ界でも一味違うなって再確認しました。1位の『七つの魔剣が支配する』も別格に面白かったですし、今度気合が入った時にでも感想を書いていきたいですね。

 ではでは。

【糖質過多注意報】『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』感想

 今回は、『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』(タイトル長ぇ!!)の感想を残していきます。

 この作品、ただ只管に甘く、幸せで、読んでいる間も読み終わった後もつい笑顔になってしまうような、そんな素敵な作品でした。コロナウィルス対策でマスクしてなかったら、電車の中でヤバい笑みを浮かべている人になってました、危ない。

 兎に角シリアスがないし、シリアスがあっても次のページにはハッピーになっているという、幸せ時空の中で、3組のカップルたちのやり取りが微笑ましく、口角が上がりっぱなしでした。

 ヒロイン達が可愛いんですよね。まず挿絵が、キャラデザがありえん可愛い。それだけでこの作品の評価をプラス一億点していると思います。ツンデレ悪役令嬢のリーゼロッテは、実況解説のお陰でツンツンしててもデレてるのがバレバレで、それを知ったジークに純粋な好意を向けられてあわあわしちゃう様子とかありえん可愛さで身悶えしました。そりゃ小林さんも遠藤くんも応援したくなるってものよ。

 そして、現実世界から実況する小林さんもかーわいいんですよね。リーゼロッテの可愛いシーンに身悶えして、踊りだす様とか想像するだけで可愛いです。ポニーテールも可愛いし、遠藤君に対して無防備なのも可愛い、リーゼとジークの恋愛話を劇にして、自分と遠藤君で演じようとするのも可愛い、可愛すぎるだろお前。

 

 ストーリーとしては、設定がやはり新しく面白かったですね。ゲームをやっていたら登場人物たちに自分たちの声が聞こえるようになって、物語をハッピーエンドにするために助言していくという話で、ただ乙女ゲームを進めるだけでは普通な所が、解説実況が入ることで新鮮に感じました。意外、といったらなんですけど、なぜこういう設定になったのかという話がしっかり描かれており、短いながらによくまとまっていたのも好感度高かったです。

  ライトノベルの中でも頭を空っぽにして読めるものと、テーマ性がありしっかり考察しながら読んだ方が面白いものがあると思います。このどっちかに振り切らないと中途半端なものになるというか、大衆文芸作品たちに負けちゃうんですよね。この『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』は、前者に振り切った良作だと思います。仕事に疲れた時や焦燥感に狩られた時など、ふとこの作品を読めば、きっと笑顔になれる―そんな一作でした。 

弱キャラ友崎くん Lv.2,3感想【ガチ勢とエンジョイ勢のあいだ】

 昨日、『弱キャラ友崎くん Lv.1』の感想書いたばかりですが、Lv.2、3と読んでみて面白くなってきたので感想をば。ラノベはすぐ読み終わりますね、これ書いてる時間のほうが1冊読むのより時間かかってるかもしれません。

弱キャラ友崎くん Lv.2 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.2 (ガガガ文庫)

 

 3巻までやってきて、ようやくこの物語の本質というか、本当のテーマが現れてきました。『日南葵の人生観を友崎文也の人生観で倒す』ということです。

 1巻、友崎くんは葵ちゃんから出されるクエストをある種淡々とこなすだけのロボットでしたが、2巻で葵ちゃんに勝つためにみみみに協力し、3巻最後で反抗します。『花火大会の最後に、菊池さんに告白する』、これは彼に疑問符を与えます。勿論読者にも疑問を与えました、それって誰かに指示されてやるもの?と。

 ゲームは、『プレイヤーがキャラクターを操作して、与えられた目標をクリアするもの』と定義できます。人生をゲームだとする葵ちゃんの主張からすれば、今動いている自分はキャラクターであり、第3者視点から自分を動かして、目標をクリアするということになります。葵ちゃんの目的は恐らくあらゆることでナンバー1になることで、それをプレイヤーという視点から見ることで達成感を味わっている、とそういうことだと思います。そんな葵ちゃんからすれば、リア充になるという目標を達成するために、一番いいタイミングで告白をするというのは合理的ですね。

 ここで友崎くんの考えは違いました。目標=リア充になるために、プレイヤーとして効率的な行動を選択する(身だしなみを整えたり、話術を勉強したり)のは当然だが、あくまでキャラクター=自分の気持ちと行動が一致していることが大前提だと主張します。そりゃそうです。あくまでリア充になるのはキャラクター=友崎くんが人生を楽しむためのものですから。納得しないまま告白して付き合うことになっても、もやもやするかもしれないし、相手にも失礼だと。感情的にはこちらを支持したい気持ちがあります。

 ここで、最強超人である日南葵と意見の衝突があります。キャラクター=人間の感情なんてものはその場その場で変わってしまう不確実なもので、それを元に選択を決定するなどナンセンスであり、もっと長期的な視野でもって一番正しいやり方を選ぶのが最適であると。葵ちゃんは、ヒロインからもらった特にゲームを進める上で支障のない宝石を即店売りして強い装備を買うタイプの人間ですね。ただこの娘の言うことも一理あります。多くの人間は弱くて、その時の感情に左右され、いろんな成功の道をとざしているという事実もあります。どんなことにも誰にも負けない努力を積み重ね、あらゆることに勝ち続けてきた日南葵だからこそ、この言葉が言えました。

 そこで友崎くんは言うわけですね、それでも自分が本当にやりたいと思ったことをやると、プレイヤーとして効率を追求するのも大前提としてあるけれど、キャラクターの目線で楽しんできたから、俺はアタファミで日本一になれた、人生でも一緒だと。

 さて、彼等の意見がすれ違う理由は、目標が異なるからです。日南葵は恐らく理想の自分になることが第一位、友崎文也は人生を楽しむことが第一位です。すれ違いは必然です。でもこれってバランスの問題ですよね、振り切れちゃったのが日南葵で、折衷案が友崎文也。普通に考えたら、振り切れちゃってる奴に勝てる余地はないのですが、それだと物語として成立しないので、何かを起こしていくのでしょう。彼らが再び交わることができるか、続巻が気になります。キーとなるのは、日南葵がルールの中で最大限努力して勝利してきた人間であるのに対して、友崎文也はルールそのものを変革することができる人間という所でしょうか。

 

 さてストーリーの話は置いておいて、ヒロイン’sの話をしていきましょうか。何はともあれ、菊池風香ちゃん可愛すぎですね。引っ込み思案で、擦れてなくて、でも好きなことになると一生懸命話しちゃうという、オタクが好きなキャラしてます。私も大好きです。ただ最近ヒドインを見すぎたせいで、いつ彼女が本性を見せるかびくびくして読んでました。が、今のところ大丈夫そうですね。図書館で同じ本を好きになって、仲良くなるというシチュエーションは個人的ボーイミーツガールシチュエーションの中でも上位に入ります。とても良い!現実に絶対ない所も含めて良い!友崎くん、悪いことは言わないから日南葵とかいう化け物はやめて、この娘にしな?ね?ね?

 Lv.2のヒロインである、みみみも可愛いですね。明るく一生懸命頑張る女の子は可愛いです。それに、どうしても勝てない相手に嫉妬しちゃう自分が嫌だから、自分から距離をとろうとするところとか本当に人の好さが出ていていますよね。人間追いつめられたときに、本性が分かると言いますが、みみみちゃんは本当にいい娘なんだなって思います。好き。幸せになってほしいですね。

 

 巻が進むごとに、ヒロイン達も深堀されていき魅力的になっていきますが、さてヒロインレースに勝つのは誰でしょうか!ギャルゲーだったら他のヒロイン全員を攻略するとTRUEルートで葵を攻略できるという風になりそうですね。

 ということでまた次巻の感想にでも。ではでは。 

弱キャラ友崎くん Lv.1感想【人生は神ゲーか?】

 今回は『弱キャラ友崎くん Lv.1』の感想を残していきます。

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

 

 本作は『このライトノベルがすごい2020』で3位に入り、アニメ化も決定するなど、巷では評判の作品のようですね。私もタイトルに惹かれたのと、Kindle Unlimitedの対象だったので読んでみました。

 この作品は『人生はクソゲーだ』と言って現実から逃げている、陰キャ友崎くんが、自分の大好きなゲームの中で出会った最強のリア充である日南葵に『人生の攻略法』を教わり、変わっていくと言う話です。

 まず、作品の面白さどうこうはおいておいて、この作品が現代中高生の中で流行っているという事実に価値があると思います。この作品の主ターゲット層である陰キャ、これ読んでて辛くないか?最初ヒロインの葵ちゃんに事実とはいえボロッカスに言われて、それでもその先を読もうっていう所に、現代な中高生の前向きな意志を感じました。明るいな日本。みんなこのラノベを読んで、リア充まではいかなくても、それなりにコミュニケーションをとれる人間になるんだぞ・・・。

 

 さて、リア充であるのがこの世界の正しさなのか、そもそも正しいってなんだよって言う話をすれば、正しいことなんてないよっていうのが模範解答ではあると思います。ですが、こと学校という小さなくくりで持ってすれば、リア充であることが優れていることであるという【空気】がありますね。人生をゲームとして例えればそういうルールのゲームになっているわけです。ゲームをやる中で、ルールそのものに突っ込むのはナンセンスですね。本作の主人公である友崎くんも、それは理解しながらも、そこに至る道筋が分からないので、端から諦めているわけです。

 『人生はクソゲーだ』と言い訳をして。  

 

 人類全体を見れば、勿論『人生はクソゲーである』と私も思います発展途上国や紛争地帯で生まれた子供たちと、物が豊富にあふれていて、職業選択の自由があり、教育を全員が受けることができる日本で生まれた子供たちとの間には、絶対に越えられない壁があります。それでも努力次第で――という人もいるかもしれませんが、そもそも努力しようという発想にいたれない環境というの間違いなく存在し、それを努力次第でというのは筋違いです。キャラ差がはっきりしています。

 ただ、日本のそれも埼玉という都心の学生という視点で見れば、『人生はクソゲーである』なんていうのは、言い訳でしかないとも感じます。勿論、虐待を受けているなど家族環境的要因もあるので一概には言えませんが、少なくとも友崎くんの場合はそうじゃない。主語がでかいから話がややこしいわけですが、彼らは別に世界全体の話をしているわけじゃなくて、もっと小さなコミュニティの中でクソゲー神ゲーかの話をしているわけです。持論を語る上で、つい主語が大きくなってしまうことはありませんか?そこを勘違いすると、この作品を楽しめないと思います。

 私もまごうことなき陰キャなのでわかるのですが、陰キャは何かしら言い訳をつけて、現実から逃げようとします。世界は不平等だから~とかセンスがないから~とか、喋るのがへたくそだから~、俺は独りのほうが楽しいから~と。でもそういうのを日南葵が最初にたたきつぶしてくれる。お前リア充になったことないのにリア充のことがわかるのかよ?と。かつてこんななに主人公のことをボロッカスにしたヒロインがいたでしょうか。

 じゃあお前陰キャの気持ちわかるのかよ?と聞きたくなるところですが、話の流れからきっと葵は昔ゲームばっかりやってる陰キャだったんでしょうね。その中で理詰めでストイックに物事を極めているnanashiに憧れて、自分も頑張ろうと思ったとかそういうことなんでしょ、私は知ってるよ。もし違ってたら桜の木の下に埋めてもらっても構わない(スコップ用意しないでお願い)。

 それで、友崎くんは小さなところから変わっていきます。見た目から変えるために、表情や姿勢を矯正したり、隣の席の女の子に一日一回声をかけるなどなど。この作品の良いところは、なんだかんだみんな優しいところですよね。これが『西野』の世界だったら、一瞬でヤバい空気になってハブられて虐められてますよ?

 また、女の子も何故か最初からそこそこ好感度があります。菊池さんはギャルゲーキャラ並に最初から好感度高いし、みみみちゃんも気軽に声をかけて来るしと。その辺は現実的ではないんですが、まあでも現実的でないからこそ話に彩りがあって、これを読んで明日から自分も頑張ろうとなるんじゃないでしょうか。こんなんリアルに寄せたらひどい話になるぞマジで。

 

 『人生は神ゲーである』かどうかは微妙なところではありますが、恐らく『人生なんてクソゲー』って言ってる人のほとんどは、ここで言う神ゲーにする可能性を持っていると思います。だから言い訳せずに、どうしたら神ゲーにすることができるかを考えて、それに対して全力で頑張れ!っていうのがこの物語の主張なんでしょう。社会人からすれば新人研修でやるような当たり前の話ではありますが、多分中高生の時にこれを読んでいれば、すげー面白かったし、マスク買って笑顔の練習とかしていたと思います。何百の自己啓発本を読むよりも、一人の可愛い女の子に言われた方が、男の子は変われますよね(著者調べ)。

 ただ私はもうずいぶん前に学園生活とかいうのを超越しちゃったんですよね・・・。そこがこの作品を楽しみ切れなかった点だと思います、悔しい!これが歳をとるということか!

 でもこれからどう友崎くんが変わっていくか、葵ちゃんとの距離を縮めていくかといった恋愛事情は気になるので、次巻以降も読んでみたいと思います。

 ということで今回はこの辺で、ちょっと予想とは違った作品でしたが、普通に楽しませてもらいました。ではでは。

 

祝!sprite復活

 ちょっといつもの感想ブログとは毛色が違うんですが、あまりに嬉しかったんで書かせてください。

 祝!sprite復活!!!!!!!!!!!!!!!!!!

https://sprite.org/information/2019/11/28/id-644/#

 エイプリールフールにはまだ早いよね?嘘じゃないよね!?

 昨今、店仕舞いが加速している美少女ゲーム業界で久しぶりにいいニュースを聞きました。正直完全に諦めてたので、その分嬉しさもひとしおです。こんなに嬉しかったのは、KIDが倒産した後にサイバーフロントが買収して、メモオフ5のファンディスクが無事発売したとき以来です。

 え、情報が遅いって?最近twitterをはじめとした情報収集手段を全て捨てたので、自発的に調べないと、情報が入ってこないんです(言い訳)。

 なんで2か月もたって気づいたかと言えば、このブログの蒼かな感想記事が何故か結構読まれているようで、久しぶりに気になってspriteで検索したら普通にHPが更新されてて気づきました。復活の二文字を見て大声だして手をたたきましたね。近所迷惑で明日怒られると思います。

 以下公式HP引用

今後につきましては、「蒼の彼方のフォーリズム EXTRA2」の制作を行いたいと考えておりますが、現在の状況を鑑みて実現する方法を検討しております。2020年1月を目処に続報を発表できればと思っておりますので、もうしばらくお待ち下さい。

 どうやら今月中にextra2の情報が出るようです。タイミング良すぎるな?さすが今年のおみくじ、大吉だっただけはある(何か関係が?)。

 そして!extra2が出るということは!tweiが出るという可能性もあるということで!夢が広がりまくりですね!本当に嬉しい!もう一度私にフライングサーカスを見せてくれ!!!

 絶対extra2買うから、twei絶対出してくれよな!絶対だぞ!!

 

oceans-game.hatenablog.com